閉経の年齢【妊娠しない?】意味と症状

ヘッダー

平均 閉経

五十歳前後が平均ですがその前から可能性はある

平均はどれ位なんだろうと気になる方も多いのではないでしょうか。

国連世界保健機関では、閉経は卵巣内の卵胞が消失することによる永久的な月経の停止のことを指しています。

これが起こる平均的な年齢は50歳前後で、個人差があるものですが48歳から52歳ごろが多いと言われています。

人によっては、年齢は40歳ごろでなる型や、50歳を過ぎた後でも継続して生理が起きる女性もいます。

医学的には生理が終了してから、平均的に1年間ほど経過した後において生理がないときにはこの症状が起きていると一般的には考えられています。

ですので、症状を事前に把握できる女性はおらず、後になってあの時に閉経になっていたんだとここでは、ほとんど知ることになります。

平均的に早期になりやすい人の特徴としては、喫煙を行っていることや、菜食中心の食生活を送っている時、卵巣の摘出手術を受けた経験のあることなどが挙げられます。

そして早期に卵巣の機能不全を起こしている型の場合も、早めにこれが起こると考えられます。

早期卵巣の機能不全は、年齢が40歳未満のうちに4か月から6か月ほどの期間にわたってです。 無月経の状態が継続して起こっていき、これが実際にこの平均は高ゴナドトロピン値と低エストロゲン値による条件を満たしたときに、早期の卵巣不全であると判断されます。

基礎体温の平均の値をチェックしておきましょう

これは現在では平均は医療機関において、抗ミューラー管ホルモンという名の女性ホルモンの数値を計測することによって、いつ頃に閉経するか測定が可能になっています。

AMH検査によって、女性の卵巣にこれからどの程度の卵胞が育つ数があるのかを調べることが可能となっており、卵巣の年齢の平均を測定します。

卵巣に卵胞がある状態であれば、その卵胞が将来的に成長するものとなりますので、平均は何年後に起こるのか確定できるという検査になります。

AMH検査は健康保険が適用されない自腹の検査となりますので、費用の面も考えて受診するかどうか判断するようにしましょう。

AMH検査を受けることはしなくても、もっと気軽に調べたい人におすすめの方法は基礎体温を測定する方法があります。

高温層と低温層に分かれている体温に関して、平均は低温層だけになったときには無排卵巣月経となっていると判断できます。

閉経することによって、乳がんや子宮体がんなどの女性ホルモンの依存性悪性腫瘍の危険性が減ると考えられています。

生理周期の平均も間違わないように確認しておきましょう

これは卵巣の平均的に機能が極端に低下する、生理現象であると言えます。

個人差のあるものとなりますが、年齢が40歳代の後半になってくると排卵回数が減少して、そして月経が順調に起こっていても閉経の無排卵になることが多くなってきます。

初期の症状としては、一時的に出血量が多くなって、そのあとに徐々に平均では減少していきます。

また、徐々に月経が来る間隔が平均的に広がるようになっていきます。

女性ホルモンのバランスが乱れることによって、発汗の症状が起きたり、のぼせたり火照りを感じる症状があらわれる割合が女性の全体の75%から80%と言われています。

のぼせなどの身体症状についても、症状が1年以上の期間継続する人も多くて、5年以上継続する型も50%ほどの割合でいます。

近年では、閉経や更年期障害であるかどうかの判断を行う指標があって、生理が開始してから平均3日目に卵胞刺激ホルモンの検査を医療機関で受診することで判断が可能です。

卵胞刺激ホルモンであるFSHは排卵を補助するような働きがあるものですが、これの平均の基準値が大きく増加している状態にあるときには可能性が高いと言えます。

年齢が40歳代から50歳代の閉経が始まる時期には、不安定な時期となったり、女性ホルモンのバランスが崩れるために精神的な面や身体的な面において不調をきたす更年期症状があらわれやすくなります。

コレステロールや中性脂肪の増加、骨密度が低下するなどの症状も併発する可能性が大きくなりますので、平均の生活習慣を改善させることが健康的な体を維持するために大切になります。