閉経の年齢【妊娠しない?】意味と症状

ヘッダー

閉経 サプリ

更年期の老化予防対策のサプリ

大手の製薬会社も参入してサプリが最近ではかなり注目を集めていますが、女性特有の身体における働きとして、卵巣から分泌される女性ホルモンがあって、特に卵巣ホルモンであるエストロゲンの支配による影響を受けています。

日本人の場合は平均的に年齢が50歳前後となっていて、そのために40歳頃から身体の不調を感じる人が多くなり閉経でダイエットのサプリが必要になります。

閉経が起きることによって、更年期障害を発症してしまう人も少なくありません。

症状としては複数のものを発症することが普通と言うことができて、それは、のぼせやほてり、冷え性、めまい、うつ状態、不眠などの考えられる症状があります。

これらのダイエットの症状は、閉経を原因として卵巣から分泌されているエストロゲンが不足しているにも関わらずです。 ここでは人間の脳内の視床下部からエストロゲンを分泌するようにここで指示をされることによって、更に混乱が起こって自律神経を乱してしまうことが原因とされています。

その後に見られる更年期の症状を、ここで軽減させるためには、自律神経系や内分泌系のバランスをコントロールしてくれるサプリを上手く服用することが有効です。

自律神経や内分泌に有効なサプリとしてはどうでしょうか?これは漢方やプラセンタが配合されているサプリになります。

そして、プラセンタとは胎盤のことで、古来より精気を養ったり、更に血行を良くする成分として知られています。

食事でも不足する分を漢方やサプリでサポート

漢方の成分を配合したダイエットのサプリとしては、田七ニンジンを使用したものや、複数の種類の生薬を配合したものが販売されています。

それの後にはエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が低下することがわかっていますので、やはり、その影響によってホルモンバランスが乱れることが考えられます。

そしてホルモンバランスが崩れたときには、骨密度が低下してしまいますので、閉経サプリ等でカルシウムを頻繁に補給することが大切です。

カルシウムは、ホウレンソウや牛乳などに豊富に含まれていることでお馴染みの栄養素と言えます。

また、ダイエットに必要なフラボノイドは閉経した後の女性に不足しがちになることが、データからわかっています。

大豆に含まれていることで有名な大豆イソフラボンのだエイッとのサプリに関しては、このような乳がんの予防ができるような効果があるなど、その後の女性に必要性の高い栄養素となります。

大豆イソフラボンには有効成分の中に、女性ホルモンに類似した作用をおよぼすものが含まれていることが研究によってわかってきています。

サプリが体調管理を補助する重要な役割を果たす

あがった後の肥満などの悩みのほかにも、閉経した後の更年期障害などの症状を発症しているときにもダイエットに有効性が高いことが確認されています。

大豆イソフラボンの他にも、女性ホルモンと類似した影響を与えるサプリとしては、種類はマカやワイルドヤム、レッドクローバーなどがあります。

マカの効果は高いことが知られており、ホルモンバランスが乱れたときには大きな効力を発揮すると言えます。

女性ホルモンが減少することによって、女性ホルモンの役割である肝臓内でのコレステロールを胆汁を合成する働きが減少することになります。

その結果として、女性ホルモンが減少すると、血中にコレステロールが増加する原因になりサプリでのケアが必要になります。

女性ホルモンには満腹中枢を刺激する作用もありますので、これが更年期になって女性ホルモンが減少すると、その影響によって満腹中枢を刺激する働きが鈍くなることで過食してしまう傾向がでます。

コレステロールや体重が増加してしまうことによって、起床時の血圧が上昇することが考えられますし、内臓脂肪が増えることで動脈硬化などの危険性も高まります。

閉経後に肥満が気になるときには、ダイエット効果を得られるサプリとしてローヤルゼリーも人気です。

血液を綺麗にする効果があるものとしては、マグロやイワシなどに含まれているDHAやEPAの成分を含んでいるサプリを補給することがおすすめとなります。

DHAやEPAには血液を綺麗にして、血の循環を良くする効果がありますので、それによって動脈硬化などの予防につなげることができます。