閉経の年齢【妊娠しない?】意味と症状

ヘッダー

生理 閉経

生理があがることにで女性ホルモンが急減する

生理女性のは更年期に入ることで卵巣の機能が低下しはじめることによって、月経の周期が短くなります。

これを原因として、不正出血などの閉経の前兆の症状が起こります。

女性ホルモンは卵巣の中の卵胞という場所で生まれますが、生理は卵胞の数は母親の胎内にいるときにはおよそ200万個あると言われていますが、その後に作られることはなく年齢と共に減少するものとなります。

多くの人の場合には、生理があがる年齢が50歳を過ぎたころに卵巣中の卵胞の数がなくなってしまいますので、それによって女性ホルモンが作られなくなります。

生理が復活する可能性と閉経後の理由

卵巣から分泌されている女性ホルモンには、そしてエストロゲンやプロゲステロンという物質がありますが、実際にそれらの量が減少してしまうことによって生理不順を引き起こします。

女性の中には年齢が40歳を過ぎたころから生理の周期や量に対して、今までとは違う違和感を感じる人は多いと言えます。

45歳を過ぎると不正出血や周期が乱れることによって、月経の過多や過小を自分で感じるようになります。

つまり、これは女性ホルモンの生成が行われなくなったときに、生理で子宮の内面を覆っている内膜が薄くなることが原因で、この月経がなくなります。

このことを、一般的には閉経を呼びます。

あがったと思った生理がまた再開する可能性とは

この症状は人それぞれによって個人差があるものと考えられており、これが規則的に起こっていた生理があがるのが突然なってしまうケースや場合や、または生理の周期が短くなったり、長くなったり様々です。

閉経の平均的な年齢の相場は、およそ50歳と言われています。

これを認識できる前兆としては、生理の間隔が乱れてきますので、2か月に1度だったり、20日間隔になることもあります。

経血の量が多くなったり少なくなったり、出血が2週間続いたりする場合も考えられます。

体調に関係は閉経後に生理が復活する事であるのか

出血期間が長くなることが精神的にも影響して、生理で不安感に襲われたり、イライラする症状がみられる場合もあります。

一般的には生理があがるまでは間隔が徐々に短くなって、その後に間隔が長くなることで閉経に向かうことになります。

その後の性生活に関しては、個人差があると言えますが、ここで女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することによって膣壁が薄くなることが影響して、性交痛が起こることが考えられます。

そのような生理の症状が見られるときには、女性ホルモン薬が有効と言えます。

生理とエストロゲンの分泌の関連性

閉経しても性欲が減退するとは限っておらず、生理が近づいても排卵は起こります。

卵胞が減少しはじめることによって、卵巣の機能が低下することでエストロゲンの分泌が不十分となりますが、ここで生理が従来通りに脳下垂体は卵胞の刺激ホルモンを分泌を行って、卵巣からエストロゲンを分泌するように指示を出します。

卵胞が少ないにも関わらず、生理はエストロゲンは分泌されないために、それに伴い脳の視床下部の部分が不調になります。

視床下部の部分は自律神経の調節においても重要な部位となりますので、生理で混乱してしまう状態だと自律神経失調症を発症してしまいます。

精神的な理由で閉経していたのに生理が復活する事も

月経の影響なのか、不正出血なのか判断が難しい出血、持続的に起こる出血などがありますので、子宮や卵巣の病気を発症してしまう可能性もあります。

月経と不正出血の判断が難しい時期となりますので、女性に多い病気として子宮がんなどの病気が潜んでいる場合があります。

不正出血の症状が見られたときには、生理はそのまま放置の状態にはしないで婦人科を受診する必要が一般的にはあると言えます。

更年期とは閉経をはさんでいる10年前後の期間のことを言いますが、この生理の期間内に女性に起こる体調不良のことを更年期障害と呼びます。

一般的には更年期障害の症状がひどくなってしまっているときには、家事や仕事などの日常生活において、通常の生活を維持できないほどの状態に陥る危険性があります。

割合で見ると更年期障害であることが診断される人は、生理から更年期を迎えている女性の2割から3割と言われていますので、不調を感じたときには専門の病院を受診することが大切です。